車には様々なトラブルがつきものです。その中でも恐ろしいものが走行中にエンストを起こしてしまうことです。
では、走行中にエンジンが停止してしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、注意していれば防ぐことができるエンジン停止理由のひとつにガス欠があげられます。
ガソリンが無くなってしまえば当然エンジンは止まってしまいます。
普段はガス欠など滅多に無いでしょうが、高速道路を利用する時などは注意しましょう。

次にガス欠に似た症状でエンジンが停止してしまうと言った、燃料系のトラブルがあります。
これはフィルターや燃料ホースが目詰まりを起こし、燃料がエンジンに供給されずにエンジンが停止してしまうのです。
また、燃料ポンプと呼ばれる燃料を送り出す装置が故障してもこのような症状が発生します。
燃料ポンプの故障は平坦な場所では平気でもカーブや急な坂道などを走行すると発生すると言った場合もあります。

そして、点火プラグがなんらかの原因で発火しなくなることにより、走行中にストンとエンジンが停止してしまう場合は、
点火系のトラブルが考えられます。

このように走行中にエンジンが停止してしまう原因は様々です。
これらのトラブルの中には再度エンジンをかければ、走行できるようになるものもありますが、
一度でもエンジンが停止するトラブルが起きた場合、すぐにでも車を整備に出すことが非常に重要です。