燃料ポンプのトラブル

| 未分類 |

自動車の走行中のトラブルは色々なものがありますが、その中でも、エンジンが停止するなど、即座に危険につながるトラブルも数多くあります。

走行中にエンジンが停止するといった状況は、いくつかの原因が考えられます。エンジン内に送られる燃料の燃焼に関わることで、燃料の供給に関するものと、その燃焼を起こす点火系に関するものです。
点火系は、プラグの劣化による着火不良や、プラグコードの劣化によって、電流が適正に流れないといったことが考えられます。
燃料に関わることでは、燃料をエンジンに送る役割を持つ燃料ポンプの故障が原因として考えられます。
これは、電動のポンプによって、燃料タンクからエンジンまで一定の燃料を供給する装置です。
特に判断しやすい症状としては、きついカーブを通行している時や、急な坂道を登っているときなどにエンジンの回転が低くなる、またはエンジンが止まってしまうといったことが挙げられます。
カーブや坂道を通行している時、燃料の油面が傾いたりすることで負圧によっては燃料が供給しにくい状態になります。

この時にポンプが作動していない、または作動が不安定といった故障があると、燃料を送り出すための圧力が確保できず、結果燃料供給が一時的に止まってしまうといった状態になります。この事が原因でエンジンが停止してしまうため、
症状が現れた場合は速やかに修理工場などでの修理を行う必要があります。