燃料系のトラブル

| 未分類 |

燃料系にトラブルが発生するとエンジンがガクガクすることがあります。

キャブレターやインジェクションにトラブルが発生するとうまく燃料が噴射されずに、エンジン内でしっかりと爆発ができない事もあって、走行中であればノッキングが発生する。停止中であればエンジンが停止する。などのトラブルが発生します。エンジンがガクガクすると、運転する方としても不安ですし、走行中に突然そのような状態になってしまったら、操作性に問題が発生することもあるので、危険です。

そのような状態を防ぐためにも定期的な点検と整備が必要ですが、突然そのようなトラブルが発生してしまった場合は速やかに安全な場所へ停車するようにし、ロードサービスを呼ぶなど対策を行いましょう。ロードサービスに未加入状態ですと、費用面の不安があり、何とか自宅まで走りたいという気持ちはあるかと思いますが、安全な走行が出来ない為、やめましょう。キャブレターやインジェクションが問題であり、噴射する機能のパイプラインの中の詰まりであれば、その詰まりを除去すれば改善しますので、そこまで費用はかかりませんが、燃料ポンプなどの交換が必要となるとその交換代と工賃が発生します。