車はエンジンの種類によって使用できる燃料が違います。
そのため指定されたもの意外を給油してしまうと、思わぬトラブルにつながってしまいます。
では、誤給油をしてしまった場合どのような悪影響があるのでしょうか。

まず、一番多い給油の間違いがガソリン車に軽油をいれてしまうことです。
この場合、タンクやパイプ内に残っていたガソリンによってエンジンはかかりますが、
それがなくなるとエンストしてしまいます。
この場合プラグの交換や程度によってはヘッドの洗浄が必要となることがあります。

次は逆にディーゼルエンジンにガソリンを入れてしまった場合です。
この場合も残っていた軽油で最初は始動できますが、それが切れると噴射ポンプが破損し、
深刻な故障が発生する可能性があります。

意外に意識してやっている人もいると思われるものに、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れる、
と言ったものがあります。
この場合、ハイオク以外厳禁と指定されているエンジン以外では直ちに深刻が影響が出ることは、
あまりありません。しかし、パワーダウンをしたり燃費が悪くなることがあると言ったデメリットがあります。

最後にレギュラー使用の車にハイオクガソリンを入れるものですが、これは特に影響がありません。
デメリットはありませんがメリットと呼べるものも無いので、ハイオクガソリンの方が高いこともあり、
金銭面でマイナスと言った程度です。