ホース等からのエア漏れ

| 未分類 |

自動車のエンジン内で、ガソリンや軽油など、燃料が正常に燃焼することでピストンを上下運動させることができ、動力を車軸に伝達しています。エンジンに何らかのトラブルが発生すると、燃料の燃焼が適正に行われずに燃焼不良を起こしてしまいます。

燃焼不良を起こすと、ピストンを作動させるための充分な圧力が得られず、様々な症状を引き起こします。
走行中に馬力が極端に低くなったり、エンジンが停止するなどの場合、多くの原因としてこのような燃焼不良が考えられます。

燃料タンクからエンジンに送られる燃料は、そのままの状態で燃焼させるのではなく、シリンダー内部に入る前に空気と混ぜ、混合気として吸入されます。混合気に圧力をかけ、圧縮させてから燃焼することで、大きな動力を得ることが出来ます。燃料と空気が混ざる際、それぞれの混合割合は決まっており、その割合に偏りが生じると燃焼不良の原因となります。アクセルを踏んでスロットルを作動させた時、この混合気はシリンダーに送られますが、燃料に対し、空気が少ない状態になると、失火しやすくなります。これは、空気を取り込むためのエアホースなどに劣化が生じ、エア漏れを起こしている時に起こる症状です。こうしたホースの劣化などは、エンジンルーム内をよく観察することで発見することができます。こうした状態になった場合、風船から空気が漏れる音が発生しますので、その確認は比較的容易なものとなります。