最近はセルフのガソリンスタンドが増えてきていて、ドライバーが自分で給油する所を頻繁に見受けられます。

しかし、中には間違えて給油する人がいます。普通は軽油はディーゼルエンジン車に給油するものであり、主にトラックや一部の排気量が高い自動車のみが給油します。自動車の給油口にも『軽油』と、表示されています。

ところが、どこをどう間違えているのか、軽自動車に『軽』油と勘違いして軽油を給油する人がいます。特に女性やお年寄りに多いですが、軽自動車は大体が普通のエンジンで、ディーゼルエンジン車は皆無に近いです。

ガソリン車に軽油を給油すると、走行中にエンジンが停止するというトラブルが起こりますし、当然修理に出すことになり、ガソリンタンクを洗浄しないといけません。

つまりまとめますと、その自動車は使い物にならなくなります。動かないと言ってJAFを呼んでも問答無用で修理工場に持って行かれます。流石のJAFもガソリン混入は匙を投げます。

それ以前に、大抵の自動車の給油口には油種が表示されていて、車検証にも入れる油種やエンジンの種類が書かれていますので、ここまで丁寧に入れる油種が書かれているにも関わらず間違えるのは、よく見ていない証拠です。
何のための車検証かと言いたいですね。